Sobae  中国茶教室

wad workshop のご案内  

夏、真っ盛りとなる7月21日に心斎橋のギャラリーwadさんでworkshopをします。

今年も藤岡貢さんの個展オープニングに茶会をさせていただきます。

今年はどのような器たちでいれさせてもらえるのでしょうか。

今からドキドキ、ワクワクしております。


猛暑を忘れていただけるような会となりますよう努めようと思っております。

ご興味ございます方、是非お問合せいただければと思います。


今年は茶会にご予約いただいた方には菓子皿が付いてきますよ!


茶会のお席ですが、
b)15:30~
c)18:00~
ご用意できます。

以下、詳細です。


藤岡貢 展 Mitugu Fujioka Solo Exhibition

2018.7.21(土)ー7.29(日)
12:00-19:00

@wad+


磁器や土に金属釉を施し造られる藤岡貢さんの作品たち。

今回も昨年に引き続きお茶の器というテーマで様々なお茶の時間の器の提案をします。

新しい作品が並びますので是非ご覧ください。

個展初日の7月21日(土)には豊中の中国茶教室”日照雨”Sobaeの店主丸山紗加さんによる藤岡貢さんの作品を使った中国茶会を開いていただきます。

藤岡さんの作る中国茶器と丸山さんのお茶会を是非楽しんでいただきたいと思います。

店主小林剛人

Sobae中国茶会
2017.7.21(土)
会場 wad+内
参加費5000円(お茶菓子と藤岡さんの菓子皿付き)
A)13:00~
B)15:30~
C)18:00~
*満席になり次第受付は終了させていただきます。
ご予約は
wad 06-4708-3616
までお願いいたします。(メールでのご予約は受け付けていません。)
 
 



スポンサーサイト

category: 中国茶教室

tb: 0   cm: 0

5月の菓子  

明前茶ばかりをご紹介。

青々とした格好の良い茶葉と併せたかったので、ヨモギ多めの草餅。

こちらも青々しさ負けてません。




ガラスの器にするだけで、青々しさがぐんと涼やかになります。





※7/9 包 workshop
11:00~ キャンセル待ち
15:00~ お席ご用意できます。



■□■□■□■□■□■□■□■□
中国茶教室Sobae

2018年7月の稽古

7月4日(水)~7月7日(土)
 各日10:30~ 14:30~
各回それぞれ2時間程度

【定員】
2名~6名(少人数制)

【場所】
大阪府豊中市春日町
ご応募頂いた方に詳細を案内させていただきます。

【料金】
初回3500円

お茶約3種類・菓子・テキスト・お土産付き。
入会金不要。

【問い合せ先】
sobae@mac.com

携帯電話からお問い合わせ頂く際は、ドメイン設定をご確認下さい。
お問い合わせいただきましたら72時間以内に返信をさせていただきます。
72時間以上経っても返信ない場合はお手数ですが再度ご連絡お願い致します。
当ブログのコメント欄、Facebookpage、InstagramのDMからも受付させていただきます。

教室の詳細、その他の日程などもお気軽にお問い合わせ下さい。








category: 菓子

tb: 0   cm: 0

6/18 地震において  

6月18日の地震にて

皆様の被害が少なく、ご無事な事をお祈り申し上げます。

Sobaeは器などは割れましたが、それ以外は無事です。

私も怪我1つなくすみました。

皆様からのご心配や励ましのご連絡が、私の希望となりました。

本当にありがとうございます。


18日、地震当日、片付けや掃除がひと段落した時にお茶を淹れました。

グラスにばさっと茶葉を淹れて飲みました。

束の間の時間でしたが、心も整理されてゆき、次の事を考えることができました。


私にとってお茶をいれないことは不自然なこと。
日常でない事が起こり、せわしなく、心はざわつき、居心地は悪く、どうしたらいいのかわからないまま進んでいましたが、茶を飲みちゃんと立ち止まらせてくれました。


稽古では 「日常の中にある非日常」 を感じてもらえるようにとSobaeを開始した時から思ってますが、「非日常の中で日常」を作ることも健やかな気がします。


これ以上揺れない事を願うばかりです。



今後のSobaeは通常通り7月8月と稽古をします。

7月9日のworkshopも行います。

ご興味ございます方、是非ご連絡くださいませ。



category: 中国茶教室

tb: 0   cm: 0

Sobae workshop 包  

不定期で私、Sobaeが茶を通して見える素晴らしい外の世界をご紹介するworkshopのご案内です。

今回は折形の世界です。




Sobae workshop


贈る
仕舞う
隠す


包むという言葉には様々な意味が含まれます。


物や感情、思いを丁寧に1つ1つ折りたたみ包む。
包むという行為は形ない思いを1つ1つの折り線に添えること。
丁寧に包まれたものを解いてゆく時の高揚感は誰もが知っている感情ではないでしょうか。



包む
それは日本人が古来より大事にしてきた文化です。
物や思いを慈しむという表れの1つ。



全国で活躍されているkamigotoの渡邊絢さんが今回は新茶包みとアレンジのきく基本の包み方を教えてくれます。
6月に中国で仕入れてきた茶をお召し上がりいただき、その茶を包んでお持ち帰りいただきます。
手間暇、愛情がたっぷり注がれた茶葉を皆様の思いを添えて包んでいただきたいと思います。
先人達の知恵、様々な資材と包み方の精神をお伝えさせていただきます。



<人生の時間は
折りたたまれた永遠からできている>
--ジャン コクトー


【日時】
2018年 7月 9日(月)
11:00~13:00
15:00~17:00


【場所】
中国茶教室Sobae
大阪府豊中市春日町
お申込みいただいた方に詳細をお伝えします。


【内容】
新茶包みと基本の包みの2つの講義、実演、実技。
中国から持ち帰ったばかりの茶を召し上がっていただき、包み持ち帰っていただきます。


【費用】
7000円


【申込】
1.お名前
2.お電話番号
3.希望時間
4.参加人数


以上4項目をご明記いただき、sobae@mac.com
までご連絡ください。
DMでの予約は受付ておりませんのでご注意ください。
48時間以上返信ない場合はお手数ですが再度ご連絡ください。


【キャンセルポリシー】
7/2より3500円頂戴いたします。
当日は全額お支払いいただきます。
代理の方を立てていただいた場合は必要ございません。


お気になるところなどございましたらお気軽にお問い合わせください。




category: 中国茶教室

tb: 0   cm: 0

中国茶教室Sobae 5月の稽古  

予告通り、新茶のラインナップ。

フレッシュな香りと味わいは新茶ならでは。




茶葉も生き生きしています。


清明節までに摘まれた茶を明前茶というのですが、中国緑茶においては殊の外、貴重とされます。

今年も飲めて嬉しい。




このワイングラス今お気に入りです。

ステムが華奢でそえる指が女性らしくなります。



今月は明前茶を3種ご紹介しました。


芽吹いて清明節までの期間というのはわずか2週間位です。

その時だけの香りと味わい。

そして、生命力を感じます。







サマースイトピー、豆スイトピー。

スイトピーは可愛すぎて私に合わないと思ってしまい購入するのにためらってしまいますが、豆スイトピーになると躊躇わずに買えます。

豆スイトピーも生命力を感じます。

そして、野生感も気に入っています。



■□■□■□■□■□■□■□■□
中国茶教室Sobae

2018年7月の稽古

7月4日(水)~7月7日(土)
 各日10:30~ 14:30~
各回それぞれ2時間程度

【定員】
2名~6名(少人数制)

【場所】
大阪府豊中市春日町
ご応募頂いた方に詳細を案内させていただきます。

【料金】
初回3500円

お茶約3種類・菓子・テキスト・お土産付き。
入会金不要。

【問い合せ先】
sobae@mac.com

携帯電話からお問い合わせ頂く際は、ドメイン設定をご確認下さい。
お問い合わせいただきましたら72時間以内に返信をさせていただきます。
72時間以上経っても返信ない場合はお手数ですが再度ご連絡お願い致します。
当ブログのコメント欄、Facebookpage、InstagramのDMからも受付させていただきます。

教室の詳細、その他の日程などもお気軽にお問い合わせ下さい。




category: 中国茶教室

tb: 0   cm: 0