Sobae  中国茶教室

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

新年好!過年好!  

2014年1月31日。

春節。

中華圏で最も盛大で賑やかな祝祭日。

春節とは旧正月の事。


年が明けるとともに爆竹を鳴らす。

邪気払いと天に昇っていた神様に自分を示す目印に。

この日から15日間が松の内。

15日目は今年最初の満月の日。元宵節。


中国茶教室Sobaeでは11日の祝日に元宵節を祝う会をします。


お問合せ・ご予約はsobae@mac.comまでお気軽にお問い合わせ下さい。


さぁ!足下から春がやってきますよ!!



RIMG0040.jpg



新年おめでとうございます!!!

年をこえられる事、おめでとう!!


スポンサーサイト

category:

thread: 趣味と日記 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

香港 活気ある根 vol.4  

石造りの壁に木の根が突き出す。


IMG_3849.jpg


たくさんの根が壁を突き破る。

一見、ひからびて見える根だが、触れてみると少ししっとりしている。

ちゃんと水を吸い上げている。

青々とした葉が私の頭上の日光を遮えぎり心地好くしてくれている。


眠らない街に活気ある食堂。

香港では植物までもが活力に満ちている。




命とは強いのだ。


RIMG0068.jpg

category:

thread: 海外旅行記 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

香港 変わらないもの vol.3  

かれこれ6回目だった香港。


目当てのショップがなくなっていました。


7年も行ってなかったのですから仕様がないのですが、とっても寂しい。


でも変わらないもの。


IMG_3895.jpg

地下鉄中環の指標。

赤のタイルに中環の文字。

毎回このアングルで写真をとってるようですww



ペニンシュラホテル。

IMG_3812.jpg


コロニアル風の堂々たる雰囲気。


IMG_3835.jpg


東洋の貴婦人。


IMG_3865.jpg


ホテルに足を踏み入れると、たくさんの人の憧れのホテルというのが肌で感じる事ができます。



スターフェリー。

10分の船旅。

絶対に乗ります。


夜。


RIMG0012.jpg


待ち合い場所も素敵。


RIMG0015.jpg


夜景を素直に綺麗だと思える。


IMG_3802.jpg


時を変えて夕刻。


IMG_3927.jpg


待ち合いの表情も少し変わる。


IMG_3932.jpg


タイムトリップしたかのよう。


RIMG0072.jpg


この時間が一番好き。


美しい物を見ている時は、心穏やかになり、静寂が訪れる。

心と体の緊張がほどけていく。



何十年先も変わらないでいてほしいものたち。





category:

thread: 海外旅行記 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

香港 点心感服! vol.2  

もう一つ飲茶屋さん。


添好運點心専門店。

RIMG0051.jpg


2009年に旺角にフォーシーズンホテルのミシュラン3つ星を獲得した龍景軒の点心チーフが独立して開いたお店。

1つ星を獲得。

世界で一番安い星付きのお店。

一皿100円代で食べれます。


現在3店舗展開しているようです。


私は、アクセスしやすい中環のifcモール内にある支店へ。

ここの店舗は一番新しいようで、まだ星はとっていません。



連日大混雑の大行列と聞いていたので、予約をしようと電話をするもかからない。

ホテルのコンシェルジュに頼んでも

忙しくて電話にでれないみたい。

と言われる始末。


タイトスケジュールの旅。

行列を並ぶタイムロスは痛手。


でも、諦めようとは微塵も思わず、こうなったら開店時間の9時に行くしかない!!と思い早起きして向かいました。


満席でしたが、調度席があいたのでなんなく席に。


ファストフードのような簡素化された店内で出される点心とは思えないほどの美味しい点心たち。


有名なメロンパン叉焼包。

RIMG0041.jpg


餡がとてもおいしい。



上手に作ったことのない大根餅。

RIMG0045.jpg

教えて!!!

RIMG0042.jpg

ちまきの大きさに驚きを隠せません。


RIMG0043.jpg



香港の飲茶屋さんはとても美味しく日本でこの値段で食べれるところを私は知りません。


香港の食文化の凄さに感服!


ここの店舗はゆっくり食事という感じではなく、食べたらすぐ出るといったようなスタイル。

まさにファストフード。


ファストフードでこんなにおいしいものが食べれるなんて!!


でも、倍の金額を払うからゆっくり食事をしたいとも思ったり。



何より、点心教室に通って、家で点心を並べたいと思いました。



category:

thread: 海外旅行記 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

香港 回想篇 vol.1  

香港。

IMG_3786.jpg


先日香港へ・・・


香港は10代の頃初めて訪れ、中国茶を始めるきっかけとなった国。

香港に行かなかったら中国茶教室をすることもなかったかもしれないと言っても過言ではありません。


最初の訪問で、中国茶をたくさん買って帰ってきました。


2回目の香港では茶藝館や茶荘ばかりを訪れ、町中をうろうろしました。


学生の頃です。

お金もあまり持っていませんでしたから、アルバイトをしてお金を貯めて、安い航空券を探し、安いホテルに泊まり、タクシーはあまり使わず、たくさん歩きました。

時間は今よりたくさん持っていましたから、好奇心に任せるまま過ごしていた頃。

買えるだけのお茶を買って、日本でも中国茶を飲める事に嬉しく思っていました。


最終的には今とさほど変わってはいないかもしれませんw




よく行くお店。


陸羽茶室。

IMG_3847.jpg



朝食を食べに。

1933年創業の老舗。

老舗という言葉がぴったりの店。

店内も従業員も、老香港。

IMG_3843.jpg



今回は初めて2階へあがりました。

1階がよかったのですが、9時過ぎの時点で満席。

今も昔も変わらず人気なようです。


飲茶屋さんではテーブルにつくと始めにお茶を何にするか聞かれます。

字の通りここはお茶を飲みながら点心を食べる所。

陸羽茶室のお茶は美味しい。

ポーレイを注文。


RIMG0022.jpg


ここにいると、お茶を飲みながらゆっくりとまったりとしたくなります。


RIMG0020.jpg


従業員もベテランのような人ばかり。

クロスを変える姿もきまっています。

間違いのないお店。



続いてもう一つの飲茶屋さん。

蓮香楼。

RIMG0053.jpg


ここも老香港を味わえるお店。

ただ陸羽茶室よりも庶民的で、香港の日常を見れる。


朝から夜まで満席。

自分の席は自分で見つけないといけません。

席を立ちそうな人に目星をつけて、一目散!!

椅子取りゲーム。

香港人の大きな広東語の話し声と器をカチャカチャならす音。

ワゴンを押してるおばちゃんの聞き取れない広東語。

喧騒の世界。


香港人のエネルギッシュなところを垣間みれます。


9人が座れる円卓に相席。

RIMG0056.jpg


茶給仕のおじさんにここでも

ポーレイ

と。

飲茶屋さんではお茶でお皿やお箸などをまず洗います。

お茶は殺菌作用があると思っています。

要は洗わないと怪しい食器たちww

この儀式を面白いととるか、何も手を付けれずに帰るか分岐点。


共に円を囲んだ人たちは

新聞を一人静かに読んでいる人。

知人と唾が飛ぶほど大笑いしている人。

たまたま横になった人と楽しくお話している人。


喧騒な店内では隣にいる人の声も聞きづらいため、皆どんどん声が大きくなります。

時が経つのと共にこの喧騒の中が何故か落ちついてくるのです。

不思議。



IMG_3899.jpg


ここに行くと必ず色々話かけられます。


どこから来たの?

香港何回目?

これおいしいよ。

とか色々。


おしゃべり好きな人が多いのです。


点心をとるのも一苦労。

ぎゅうぎゅうの店内にワゴンをおしたおばちゃんが通るのですが、何をいっているのかさっぱりわからない。

私は、ワゴンの所に行き、蒸篭の蓋をあけ気に入ったらもらう。

湯気が立ち上る。

IMG_3903.jpg


人だかりになってるワゴンのおばちゃんの所には店内を小走りで駈け手に入れる。

人気の点心はうっかりしていると食べれなくなります。


席もそうですが、点心をとるのも自分。


自分の事は自分でする。


うじうじ、おどおどしてたら食べたいものにはありつけない。


大きい声で抑揚のある話方をされてもひるみません。

怒られてるのかな?と思いますが、何か教えてくれてるんだ。

と私は思っています。


ここに訪れる度、たくましくなっていく。



初めて来たときはシステムが分からず、きょろきょろしました。

そんな私を見て、荒々しい手つきで教えてくれた茶給仕のおじさんたち。

今もご健在。

IMG_3904.jpg


言葉や性別や年齢も違う9人が丸いテーブルを囲む。

みんなが一緒に笑う。


先に去る人は

楽しんで!!

と言ってくれ、

私が席を立つと

バイバイ

と手を振って見送ってくれる。


最後に店内の写真をとっていると、7年前に見たおじさんがまた同じ席で食べていました。

嬉しくて、声をかけようかと思うほど。

IMG_3906.jpg



1時間にも満たない時の中で相席した人たちが妙に懐かしい思い出となるのです。



category:

thread: 海外旅行記 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

大人の遠足  

IMG_3759.jpg

滋賀県の酒蔵。

浪の音さんへ。

郊外学習。



蔵の様子を見せていただきました。


IMG_3747.jpg

発酵しています。


お茶も発酵して香りや味に個性をだします。

ぶくぶくはしませんが。

蔵に入るだけでお酒の香り。


IMG_3744.jpg

圧をかけずに抽出。

大吟醸のお酒。

ぽたり、ぽたり。

ゆっくりおちていきます。

自然の力でおちてゆく。


わずかな量しかとれません。


雫茶の様。

一番美味しいと言われているところだけを頂く。

贅沢。


受けている瓶は一斗瓶。

IMG_3749.jpg

初めて見ました。

18リットル入ります。

手間と時間をかけて作るお酒。

飲んでみたい。。。



お茶でもそうですが、このように製造工程を見ると、お酒がぐんと近くなります。



伝統的なお酒だけにとどまらず、日本酒があらゆる人が身近になっていただけるように、日本酒とかぼすを合わせたリキュールも作っているようです。

お酒の苦手な方にも飲みやすい感じ。



酒蔵のご主人が近くの懐石を予約してくれました。

IMG_3761.jpg

お正月がまた来たみたいで嬉しい。


IMG_3763.jpg

お椀は花形です。

たたずまいが美しい。


お酒も酒粕もお土産としていただきました。


気持ちの良い方で、すっかり甘えてしまいました。


帰りは湖西線に乗って。

IMG_3768.jpg


レトロ。


レトロな列車と揺れで酔が早まります。



ほろ酔い列車。


いい一日。


category:

thread: 国内旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

元宵節茶会 望月の逢瀬  

松の内も明けお正月も終わりです。

来る2月11日(火・祝日)に元宵節を祝う茶会を開催致します。

稽古とはまた少し違う装いです。


IMG_1845.jpg



元宵節茶会 望月の逢瀬
 
 期日 2月11日(火・祝日)
 時  11:00〜 14:00〜  各回約1時間30分
 会場 中国茶教室Sobae  大阪府豊中市
 料金 2000円(中国茶・湯圓・乾菓付き)
 定員 10名 定員に達し次第受付を終了致しますのでお早めにご予約下さい。
 予約 sobae@mac.com
 

 中国で最も盛大な祝祭日、春節(旧正月)。
 春節から数えて15日目満月の日、元宵節。正月の締めくくり。
 年の初めの満月を祝う。
 満ちてゆく月、ランタンの灯の元、たくさんの福が訪れますように。
 湯圓(満月の形をした団子)と、月にちなんだ灯謎(なぞなぞ)をご用意致します。
 正解者には粗品も進呈致します。
 難しい事は一切なし。和やかな空気の中、茶を飲みましょう。
 茶を飲める方ならどなたでもご参加頂けます。

 ご参加頂ける事心よりお待ちしております。


ご質問等はsobae@mac.comまでお気軽にお問い合わせ下さい。


category: 中国茶教室

thread: 趣味と日記 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 2

龍の眼。  

龍眼。

ロンガンと読む。

IMG_2077.jpg

ライチのような姿。


乾燥させた物は、漢方薬や薬膳料理にもしばしば見かける。



お茶請けでは一番贅沢な物のイメージ。


フレッシュなものはライチのように透明で黒い種が透けてみえる。

まさしく龍の眼。


乾燥させた物は黒く、個性的な香りにプルーンのような甘み。


健康増進剤とも言われ、栄養価が高い。

ビタミンも豊富とか。


中国ではとても有名な果実。


日本ではあまり見かけませんが。



種が真っ黒で艶があり、宝石の様。


黒い宝石を並べたくて

ついつい、たくさん食べてしまいます。





■□■□■□■□■□■□■□■□
中国茶教室Sobae
1月の稽古日

1月31日は春節(旧正月)。
春節にちなんだ稽古を予定しています。


【日程】
1月25日(土) 10:30〜
        14:00〜

1月30日(木) 10:30〜
        14:00〜

 各回それぞれ2時間程度


【定員】
3名〜5名(少人数制)


【場所】
大阪府豊中市


【料金】
初回3500円

お茶約3種類・菓子・テキスト・お土産付き。
入会金不要。


【問い合せ先】
sobae@mac.com


その他の開催日時・教室の内容・場所の詳細などお気軽にお問い合わせください。

category: 中国茶教室

thread: 趣味と日記 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

鏡開き  

鏡開き。

IMG_3741.jpg


1月11日に行われる事が一般的だとか。

神様にお供えした餅をお下がりとしていただきます。

神様にお供えした物には力が宿るとされ、無息災病を願います。


私は15日までお供えします。


松の内に頂くのは忍びなく思うのです。



■□■□■□■□■□■□■□■□
中国茶教室Sobae
1月の稽古日


【日程】
1月25日(土) 10:30〜
        14:00〜

1月30日(木) 10:30〜
        14:00〜

 各回それぞれ2時間程度


【定員】
3名〜5名(少人数制)


【場所】
大阪府豊中市


【料金】
初回3500円

お茶約3種類・菓子・テキスト・お土産付き。
入会金不要。


【問い合せ先】
sobae@mac.com


その他の開催日時・教室の内容・場所の詳細などお気軽にお問い合わせください。

category:

thread: 趣味と日記 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

笹もってこいっ!  

十日戎。

IMG_1834.jpg

一年の最初の大がかりなお祭り。


大阪のお祭りは、十日戎に始まり神農祭で締める。


商売の街、大阪と呼ばれるだけあって、盛大に賑やか。


その場にいるだけで、高揚する。



お祭り女なのでしょうか・・・


帰り道は必ず


商売繁盛、笹もってこい!!


とお囃子を口ずさんでいます。



category:

thread: 日々のつぶやき - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

人日の日 七草粥。  

1月7日の朝。

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、

春の七草を入れた粥を食べる。


中国では1月7日は人日の節句。

この日は人の節句。

人を大事にする日。

かつてはこの日は犯罪者に対する刑罰は行わなかったという。


ちなみに3日は猪(豚)、4日は羊、8日は穀・・・

といった具合に8日まで決められ、その日の動物は殺さないようにしていた。


それぞれ宛てがわれたものをその日の天気で吉凶を占っていた。


晴れなら吉。

雨なら凶。



人日の節句には邪気を祓うため、7種類の野菜を入れて汁物を食べ、無病息災をお祈りする。


この風習が日本へ伝わり、七草粥となる。

なんと平安時代にはこの風習はあったそう。


1200年も前から伝わる慣しに思いを馳せ七草粥を食す。

IMG_3726.jpg


元日から雨は降ってないから、今年はいい年になるかな。。。




こんな寒いときに春の七草は芽生えてないのではないかと思うが、中国では旧暦で行われる。

なので1ヶ月近く遅くなるので、心配ご無用。



ほとんどの節句が旧暦で行われていたので、現在の暦では少々ずれが生じる。


新暦は便利だが、こういう違和感を感じてしようがない。


でも日本在住、どっちの日でも行える。


誕生日だって2回してみたりw


という無茶もご愛嬌。


category:

thread: 趣味と日記 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 2

満福  

元旦。


午前中にお参り。


IMG_3692.jpg

いい天気。


おみくじは大吉。


幸先よし。


縁起のいい食べ物を食べた甲斐があった。


元日の日にはたくさんの人がお参りをする。


伝統文化や古の慣わしが薄くなってきた今だが、この元日の慣わしはずっと続いている。


初詣。


たくさんの人が境内にいるのを見るとこの感じいいなーと思う。



帰宅後。


IMG_3697.jpg

お雑煮。すましver.


鴨鍋のだしを少しとっておく。


鴨っていい出しだすわ。

IMG_3701.jpg

IMG_3703.jpg

おせち。

IMG_3681.jpg

年神様と一緒に。



日本のお正月ってすばらしい。



静かに。


食べ続けるw



IMG_3699.jpg

昨夜の水餃子を焼き餃子に。



IMG_3708.jpg


最後ははなびら餅。


お正月ならではの和菓子。


宮中雑煮ともよばれ、平安時代からある菓子。


お茶はプーアル茶。


抹茶を買い忘れてしまいました。。。


和中折中。



茄子の夢がみれますように。。。


IMG_3715.jpg


category: 日々の事

thread: 日々のつぶやき - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

初宴。  

年末、予定が立て込んでしまい、大晦日の日に急いで掃除をして、新年を綺麗に迎える事ができました。


大晦日の日は年越しそばのために、鴨鍋をしておそばを。


IMG_3666.jpg

まずは天ぷらをいれて。



IMG_3674.jpg

次に残しておいた鴨をいれてw



年の最後の日までよく食べます。


中国のお正月・春節では大晦日の日から餃子を作り、食します。

IMG_3676.jpg

年越しに餃子を食べると万事がうまくいくといわれています。

また、餃子は中国の昔の貨幣に形が似ている事から、財宝を招くという意味がこめられました。


そばで今年一年の災厄をたちきり、次の年にむけて餃子で万事うまくいく事を願う。


胃に納まるだけ縁起のいい物を食しました。

2014年は素晴らしい年になることでしょう。


年があけると同時に

IMG_3679.jpg


おめでとうございます。



お正月大好きです。


category: 日々の事

thread: 日々のつぶやき - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

あけましておめでとうございます。  

あけましておめでとうございます。2014年。

万事、おもうままなりますように。


IMG_3687.jpg

category: 日々の事

thread: 日々のつぶやき - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。