Sobae  中国茶教室

お年玉  

ペーパーウェイト。

IMG_4012.jpg


今年最初のお年玉。

雫の中に青のゆらめき。


ありがとうございました。



スポンサーサイト

category: 中国茶教室

thread: 趣味と日記 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

年糕  

RIMG0086.jpg


1月の中国茶教室で召し上がっていただいた、年糕。

春節菓子。


「糕」と「高」という発音が同じ事から、年々高まってゆくという縁起のいいもの。


香港のペニンシュラホテルで買いました。

パッケージはこんな感じです。


IMG_3967.jpg

「福」の字があてがわれていて可愛い。


焼く前の年糕。

IMG_3969.jpg

石けんのような感触。


包丁で切り焼きます。


中国版お餅。


日本で正月にお餅を食べるのと同様に中国でもお餅を食べます。

ただ、日本のお餅のようにのびません。


この年糕は桂花(キンモクセイ)が練り込まれています。

優しい甘さに、キンモクセイの香りが漂います。


春節前にはあらゆるところで、この年糕をみかけます。

今回召し上がっていただいた方に好評でしたので、これから毎年買っていこうと思います。

どこのが一番好みかしら・・・



■□■□■□■□■□■□■□■□
中国茶教室Sobae
2月の稽古日

好評を頂いてる八宝茶をご用意する予定です。
花を摘み取るように福を手元の碗にいれていきます。


【日程】
2月22日(土) 10:30〜
        14:00〜

2月27日(木) 10:30〜
        14:00〜

 各回それぞれ2時間程度


【定員】
3名〜5名(少人数制)


【場所】
大阪府豊中市


【料金】
初回3500円

お茶約3種類・菓子・テキスト・お土産付き。
入会金不要。


【問い合せ先】
sobae@mac.com

教室の詳細などお気軽にお問い合わせ下さい。


category: 菓子

thread: 趣味と日記 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

望月の逢瀬  

2月14日。
明日は元宵節。
春節(旧正月)から数えて15日目の満月の日。
正月の締めくくりの日。

この日中華圏ではあらゆるところに灯籠に火が灯り街全体が赤々とします。

子供も老人も手をとりあい、灯籠の見物にいきます。


封建的だった時代には夜女性が出歩く事をはばかれていましたが、灯籠見物という口実で遊びにいけたようです。

意中の人を誘ったり、相手を見つけたり・・・


今年最初の満月を祝う。




先日、元宵節を祝う茶会をしました。

IMG_4060.jpg

ご参加頂きました皆様ありがとうございました。

稽古場もランタンを飾りいつもよりおめかし。

RIMG0090.jpg


元宵節にはかかせない湯圓も好評いただき一安心。

月に生息するといわれる木犀の木。

月を思い、キンモクセイの花を浮かべました。


IMG_4082.jpg






灯謎というなぞなぞもいたしました。

なぞなぞは分かるとすっきりと気持ちがいいのですが正解を導くまではもやもや。

皆さん

「ヒントは!?」

と真剣に取り組んでいただき、問題を考えたかいがありました。




ウェルカムティーはこんな感じで。


IMG_4067.jpg


香港で買ったグラスに菊の花を満月にみたてて。

菊の花は上品で愛らしい。

しばしば思います。


あまりにも愛らしいので食べたくなってしまうほど。



飲み物だけでなく、早春を感じるよう、花もいけました。

RIMG0091.jpg


ヒメミズキと猫柳。

大好きなお花屋さんに相談して。

するとお花屋さんからプレゼント。


IMG_4042.jpg


満月に見立てて黄色の一輪のお花。

満ちてゆく月のように、時が過ぎるとともに大輪の花となりました。

ありがとうございました。



今年の元宵節はヴァレンタインと同じ日です。

今年最初の満月ですから、願いをかけると叶う気がします。

痛みや悲しみが緩和いたしますように。

そして、愛の告白が成就いたしますように。




明日は大阪でも雪が降るといわれています。

雲の隙間からでもいいので、満月が顔をだし、私たちを照らし、導いてくれますように。



まだ満ちていない月に今日お願いをしました。

RIMG0111.jpg




■□■□■□■□■□■□■□■□
中国茶教室Sobae
2月の稽古日

好評を頂いてる八宝茶をご用意する予定です。
花を摘み取るように福を手元の碗にいれていきます。


【日程】
2月22日(土) 10:30〜
        14:00〜

2月27日(木) 10:30〜
        14:00〜

 各回それぞれ2時間程度


【定員】
3名〜5名(少人数制)


【場所】
大阪府豊中市


【料金】
初回3500円

お茶約3種類・菓子・テキスト・お土産付き。
入会金不要。


【問い合せ先】
sobae@mac.com

教室の詳細などお気軽にお問い合わせ下さい。


RIMG0099.jpg


category: 中国茶教室

thread: 趣味と日記 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

中国茶教室Sobae 1月の稽古  

1月の稽古。

1月31日 春節 旧正月。

春節をテーマに稽古を。


IMG_4005.jpg


福を倒す。

福が来る。

「倒」と「到(来る)」の発音が一緒なのでこの意味に。


中国の言葉の想像力にはいつも感心します。


言葉遊びがとても上手。



IMG_3956.jpg


春節をイメージして、稽古場も春節の飾りを。


IMG_3959.jpg

これは昔の中国の貨幣。

餃子はこの形に成形してるのです。

要するにお金を食べるということ。

豊かさの象徴。




お茶は胎菊。

お屠蘇に見立てて。

IMG_4002.jpg


胎菊とは菊の蕾のこと。


フレッシュな香りに甘い味。



IMG_3985.jpg


紅茶にキンモクセイのジャムをいれて。

赤をこよなく愛する民族、中国。

キンモクセイの花は小さくとても愛らしい。


蓋碗という茶器で召し上がっていただきました。

ジャムは蓋に塗って。


時とともに蒸気でジャムが溶けます。


ゆっくりゆっくり甘くなる。


恋のお茶。


毎回だいたい3種類のお茶を召し上がっていただきます。




今年最初の稽古ですから、黒文字も普段とは違う物を。


IMG_3997.jpg

隈取りが描かれた箱に入っている辻占黒文字。


大人な文がかかれています。

人の占いも気になるようです。

書かれている言葉を深読みする方も。


今年もはじまります。

春節好!!!




■□■□■□■□■□■□■□■□
中国茶教室Sobae
2月の稽古日

好評を頂いてる八宝茶をご用意する予定です。
花を摘み取るように福を手元の碗にいれていきます。


【日程】
2月22日(土) 10:30〜
        14:00〜

2月27日(木) 10:30〜
        14:00〜

 各回それぞれ2時間程度


【定員】
3名〜5名(少人数制)


【場所】
大阪府豊中市


【料金】
初回3500円

お茶約3種類・菓子・テキスト・お土産付き。
入会金不要。


【問い合せ先】
sobae@mac.com

教室の詳細などお気軽にお問い合わせ下さい。

category: 中国茶教室

thread: 趣味と日記 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

一掃  

2月11日の元宵節茶会。

今日はお掃除を。


飲み終わった茶葉を乾かし、床に撒き掃きます。

IMG_4039.jpg

茶葉には匂いを吸収する作用があるので、このように撒くと部屋の中を綺麗にしてくれます。

埃も絡めとってくれます。


茶殻の活用法。

飲んだあとまで活躍してくれます。



お申し込み頂いた方を清々しくお迎えいたします。



11時の会  満席。
14時の会  キャンセルが出たため、2席あります。


明日まで受付いたします。



元宵節茶会 望月の逢瀬
 
 期日 2月11日(火・祝日)
 時  11:00〜 14:00〜  各回約1時間30分
 会場 中国茶教室Sobae  大阪府豊中市
 料金 2000円(中国茶・湯圓・乾菓付き)
 定員 10名 定員に達し次第受付を終了致しますのでお早めにご予約下さい。
 予約 sobae@mac.com
 

 中国で最も盛大な祝祭日、春節(旧正月)。
 春節から数えて15日目満月の日、元宵節。正月の締めくくり。
 年の初めの満月を祝う。
 満ちてゆく月、ランタンの灯の元、たくさんの福が訪れますように。
 湯圓(満月の形をした団子)と、月にちなんだ灯謎(なぞなぞ)をご用意致します。
 正解者には粗品も進呈致します。
 難しい事は一切なし。和やかな空気の中、茶を飲みましょう。
 茶を飲める方ならどなたでもご参加頂けます。

 ご参加頂ける事心よりお待ちしております。

category: 中国茶

thread: 趣味と日記 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

春浅し。  

春浅し。


立春を迎えた後の夜の雪。


朝、花壇に雪がまだ残っていました。

IMG_4035.jpg

雪は子供だけに限らず、気分が高まる。


橘も。

IMG_4036.jpg

category: 日々の事

thread: 趣味と日記 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

立春大吉  

二月四日。

立春。

二十四節気の一つ。

農作業など自然に関わる事の大きな節目はこの立春から数えて行われます。



禅寺ではこの日、


 立
 春
 大
 吉
  」

という札を門に張ります。

左右対称になり、縁起のいい言葉のようです。

無病息災を祈ります。

中国ではこの日「春餅」という甘くないクレープのような春巻きのようなものを食べます。

日本ではうぐいす餅。


日足が伸びていることを感じます。

万物が発します。


寒い日が続きますが、確かに春の気配がするのです。



立春とはその名の通り。

春が立つ。





category:

thread: 日々のつぶやき - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

香港 楽しさの後 vol.7  

美都餐室。

有名な喫茶店。


レトロなお店。


ここは香港映画やハリウッド映画のロケ地にもなっています。


スクリーンを通しても素敵な場所。

2階にあがります。

IMG_3912.jpg

タイルもおしゃれ。

50年代。


RIMG0060.jpg

親と子供。

世代を超えて愛される。



黄昏時のカップル。

きっと静かで優しい会話をしているのでしょう。




RIMG0061.jpg


窓の外。


レモンティーを飲みながら心地好い風にあたると時がゆっくり流れます。

何も考えず、何も思わず、ただ時に身を委ねます。


香港ではよくレモンティーを飲みます。

甘い紅茶にレモンがたくさん入っていて潰しながら飲むのです。


黄昏時のレモンティー。

最高。


RIMG0064.jpg

楽しい会話が終わった後。


それも絵になるのです。

category:

thread: 海外旅行記 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

香港 馬にかける vol.6  

競馬。

RIMG0035.jpg


今年は午年です。


RIMG0031.jpg

この風景は日本と変わらない。


パドック。

日本より欧米騎手が多い。

IMG_3855.jpg

日本のように皆が整列して出てくる訳ではなく、ぱらぱらと出てくる。

好きなときにでてきてるみたい。

お国柄でしょうか?w

騎手の勝負服。

チャイニーズバージョン。

IMG_3854.jpg


芝生も綺麗。

馬も綺麗。

空も綺麗。

RIMG0030.jpg

でもレースは負けました。


category:

thread: 海外旅行記 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

香港 月を誘う vol.5  

今回の香港のスタイル。

早起きして朝食。

ぶらぶら。

昼食。

ぶらぶら。

お菓子。

ぶらぶら。

夕食。

BAR。

1日5食が目標でしたがだめでした。

気をつけようとしていたのに、欲張って1回の食事が多い。


BARをご紹介。


ペニンシュラホテル。

felix。

フィリップ・スタルク氏がデザイン。

メインダイニングから続く18時から光る階段をあがるとそこはbar。


初日に行ったので、香港に合うカクテル・・・

マンハッタン!!!

IMG_3822.jpg



照明も美しい。

窓側の席は窓際にグラスをおきます。

傾斜になっているので、グラスは傾く。

決して溢れたり、転んだりする角度ではなく、グラスやお皿がオブジェのように見えます。

広くない空間を面白く使っている。

窓の外には100万ドルの夜景。

なにもかもが、にくい演出。


大人になった気分です。

IMG_3819.jpg



トイレもすごい!!

IMG_3826.jpg

洗練されてます。

夜景をみながら身だしなみを整える。

IMG_3827.jpg

男性用は、小便器がたてられてるようです。

夜景に向かって用を足す。

なんて開放的!!!

トイレは男性の方が楽しめそうです。


感嘆の声をあげるbar。


お気に入り。



リッツカールトンのbar OZONE

世界一高いbar。

118階にあります。

エレベーターでは耳がきーんってなります。

IMG_3879.jpg

なんだか砕けた感じ。

お気軽にどうぞ。

なんてww

ヘリコプーターから覗いてるような夜景。

こちらではジントニックを。

IMG_3882.jpg


月と同じ高さでいただく。

IMG_3878.jpg

見上げない月。


一緒に飲まない?

こんな日は月を誘ってみることもできてしまう。









category:

thread: 海外旅行記 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0