Sobae  中国茶教室

中国茶教室Sobae 6月の稽古  

6月の中国茶教室Sobaeは雨をテーマに、春の新茶を3種類ご紹介しました。

この時期に降る草木を濡らす雨はむせるような緑の香りを立ち上げます。

窓をつたう雨の音をききながら、飲む茶を好きになっていただけますように。

雨が降ると茶を飲む絶好の機会だと思っていただけますように。

そんな思いで、稽古をしました。


IMG_5067.jpg

雨前摘みの西湖龍井と雨後摘みの西湖龍井。

二十四節気の穀雨の前に摘むか後に摘むか。

穀雨とは田畑の準備が整い、穀物の生長を助ける雨が降る頃です。

今年の穀雨の日も雨が降りました。

ちゃんと雨が降ると、少し安心します。


摘む時期は15日も変わらない間ですが、どんどん気候が暖かくなってくるので、同じ場所で摘まれた茶葉でも茶色や大きさも異なります。

もちろん味わいも変わってきます。


ガラスの茶器でいれました。

緑のむせるような香りは雨のよう。


IMG_5006.jpg



明前摘みの緑螺春。

IMG_5035.jpg

掌にのせても重さを感じないほどの軽さ。

そよ風にもさらわれてしまいそうです。

フルーティーな香りと味わい。

こちらはワイングラスでお召し上がりいただきました。

ワイングラスで飲むとぐっと大人な雰囲気になります。


日本の夏の雨の言葉も数種類ご紹介しました。

雨の言葉はとてもたくさんあります。

日本人が雨と密接に暮らしてきた事がわかります。


このSobaeも雨の言葉。

日照雨の雅語。

この言葉を選んだ理由はまた別の時に、記録することにします。


ドクダミの白い花も雨で濡れてます。

IMG_5076.jpg



■□■□■□■□■□■□■□■□
中国茶教室Sobae
7月の稽古
新茶をご紹介する予定です。

【日程】
7月10日(木) 10:30~
        14:00~

7月12日(土) 10:30~ 満席
        14:00~

 各回それぞれ2時間程度


【定員】
3名~6名(少人数制)


【場所】
大阪府豊中市
ご応募頂いた方に詳細を案内させていただきます。


【料金】
初回3500円

お茶約3種類・菓子・テキスト・お土産付き。
入会金不要。


【問い合せ先】
sobae@mac.com
携帯電話からお問い合わせ頂く際は、ドメイン設定をご確認下さい。
当ブログのコメント欄からでも受付させていただきます。

教室の詳細などもお気軽にお問い合わせ下さい。


スポンサーサイト

category: 中国茶教室

thread: 趣味と日記 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sobaetea.blog.fc2.com/tb.php/118-17010990
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)