Sobae  中国茶教室

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

イタリアンと中国茶  

淀川の花火大会を見に名古屋から来られた方とランチ。

ランチの時間の前に中止が決定してしまいました。


お食事中に、雨はやみ、実行委員会の決断が早まったのではないか…

何度も窓の外を見られていました。

恨めしそうに。


今日のランチはイタリアン。

訪れたかったお店です。


本日のコースメニュー。



こちらは、お口直しにシャーベットなどではなく、中国茶が出てきます。

どういう感じなのかわくわく。


アペリティフから盛付けに工夫されてます。



この流木はどう洗うのか…



そこに皆、気がいってしまってました。



伝助穴子のフリット。




美味。

少し甘いソースが美味しい。




全ての食材を一度に口に運ぶ。

なすのジェラートが仕事人。

塩気の強い鯛やキャビアを上手にまとめます。


自家製のトウモロコシのパン。



旬の味わい。


葉っぱはトウモロコシの間引き菜。

下はポップコーン。



夜に浮かぶ満月のよう。




全てのお皿にはお花が添えられて、お皿が華やかに彩られます。






わくわくしていたお口直し。



鳳凰単欉蜜蘭香の水だし。

一日半つけたものだそうです。


蜜のような香り。

レストランでこんなに美味しい蜜蘭香を飲んだのは初めてです。


メインのお肉料理に向かう前に、リセット。


以前、広東省に行った時、レストランにて食中に小さい茶杯で鳳凰単欉が用意されたことを思い出しました。


さすがお茶の文化が栄えた所、お茶好きの人が多い広東省と、感心したのを覚えてます。


しっかりとした味わいに、甘い香りがのるこの茶はお口直しにぴったりです。

だんだん重くなってきたお料理をすっきり茶がさせてくれます。

感動の一杯でした。


まさか、イタリアンでこのような気持ちになるとは…


メインのお肉。

イチジクの葉で包まれています。



イチジクの実がつく前の葉は、イチジクの佳き香りがします。


演出が全て素晴らしい。


こういう柄のお皿があるようです。




最後の飲み物も中国茶があります。


菊花茶。



日月譚紅茶。



台湾の紅茶です。

苦味や渋みはなく、甘く優しい紅茶でした。


最後に出てくるお茶で美味しいなと思うことは少ないのですが、最後までこだわりの感じるお茶。

もちろんエスプレッソもあります。



大満足。


お食事もお茶もワインも美味しくいただきました。


もちろん食中のお話も。


いっぱい笑いました。


ご馳走様でした。















スポンサーサイト

category: 中国茶

thread: こんな店に行ってきました - janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sobaetea.blog.fc2.com/tb.php/134-fbe09e5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。