Sobae  中国茶教室

言葉  

とても嬉しかった事。


稽古に来て頂いてる方が、上海・北京とプライベートとお仕事を兼ねて行かれていました。


その際、茶藝館に行かれていたときのお話です。


「稽古で中国茶を学ぶ事により、中国を訪れ知っている名前がたくさんあり嬉しくなったこと。

そして、稽古で本当に美味しいお茶を飲ませてもらえてるのだな。と思ったんです。」

と、仰っていただきました。


涙が出てしまいそうな言葉。



12月という年の瀬には、1年を振り返り、

ああすればよかったのか

こうすべきだったのかと

自答することが多くなり、時には心が折れてしまう事もあるのですが、この言葉で救われることでしょう。


つらい事があったり、迷ってしまったり、投げ出してしまいそうになっても、当分の間はこの言葉で乗り越えられそうです。


来てくださる皆さんが、今まで通り過ぎていたことに感心を持ってもらえるような、忙しい毎日に句読点をうつように小休止をしていただけるように、時には何かの初まりになるような稽古ができるよう、日々精進していこうと思います。


ありがとうございました。


10366321_574352686007344_5832050239918898262_n.jpg
スポンサーサイト

category: 日々の事

thread: 趣味と日記 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sobaetea.blog.fc2.com/tb.php/185-ea8c2692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)