Sobae  中国茶教室

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

上海旅行記 骨董品編 vol.4  

形ある物は壊れる。



これはどうしようもないこと。

でも時を経てもなお形があるもの。

なんてドラマティック。



骨董屋さんで店主に説明をうけながら買いました。


姿の美しい物をみてるのは楽しい。


気に入った物を少しだけ購入。



IMG_3438.jpg

文化大革命時の景徳鎮の小蓮華。

文化大革命の時代で骨董品や芸術品は次々と壊されてしまいました。

今では考えられないことです。



IMG_3459.jpg

景徳鎮の小茶杯。

この模様が大好き。

素朴なフォルムが愛らしい。


RIMG0323.jpg

色が綺麗。

また金魚のものが増えました。




そして今回一番惹かれたもの

IMG_3469.jpg

宋の時代。

お菓子の表面につける印らしい。


店内を見回しているとふと目について

これはなに?

と、尋ね違う商品を物色して

それでもまだ気になって、横目でちらちら。

ついに手に取り、

色んな角度から見てみる。


そしてまた元に戻す。


次は遠くから眺めてみる。


再び手に取り・・・


やっぱり欲しい!!


何に使うとかそういうことはどうでもよく、気になって気になって仕方ない。


結果、購入。



家に帰り眺める。


買ってよかった。



骨董品は縁と円が必要。

縁は逃してしまうともう二度と出会えないかもしれない。

縁はいつくるかわからないから、円であきらめる事のないようにしておこうと

常々思っていますが、なかなか上手くいかないものです。



スポンサーサイト

category:

thread: 海外旅行記 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sobaetea.blog.fc2.com/tb.php/21-3ccb6758
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。