Sobae  中国茶教室

香気につれられて。  

カレーをたらふく食べた後、大阪城にきたのですから梅林公園に。


たくさんの人が梅を観賞していました。

IMG_42159


梅林公園にはいると梅のあまずっぱい香り。

小さい花から強い香気。

IMG_41265

枝振りもかっこがいい。

IMG_42164

梅、好きです。


毎年、梅は必ず見に行きます。

早春に咲く香気ある可愛らしい花。


梅の木に枝に積もった雪を溶かしたお湯で入れる茶が一番おいしい

昔の人は言っていました。

梅の香りが少しするお湯なのでしょうか。

雪が降る寒さの中、咲く花。

健気で強さを感じます。


いつか家の庭に梅の木を植え、早春には花を観賞し、枝に降り積もった雪でお茶を入れ、梅雨の頃には梅の実を収穫しようと思っています。



幼い頃、私は実家のマンションの小さい庭に、藤の種を一つこっそり蒔いた事がありました。

蒔くだけ蒔いて気にもとめずにいると他の植物と共に芽を出し、草花の茎ではなく木となりつつありました。

高さのある植物を育ててはいけなかったので、母は慌てて頼りないその幹を抜こうとしたのですが土中にしっかり根を生やし抜けなくなっていました。

マンションでちょっとした騒動になっており、植木屋さんや管理人さんなど皆で知恵を出した結果、これ以上大きくならないように絶えず切り続けるということになりました。

除草剤のようなもので、根を枯らすという方法もあったのですが、そうすると他の植物も死んでしまいます。

それはさけたかったので切り続けるという方法に。

大人達は

なぜ木がここに?

と考えていました。


騒動中は藤の木の種を一つ蒔いた事を私はすっかり忘れていたのですが、少し落ち着いた頃に思い出し、慌てて事情を話しました。

自白するとおとがめがないのが我が家でしたので、誠意を持って謝りにいきました。

おとがめがないとはいえ、注意はされますし、家族内だけの話ではなく色々な人の迷惑になっていますから、しかられるのは覚悟して、話をしにいったことを覚えています。


最初の一声は

どこから種を持ってきたの?

と聞かれ、

公園の藤棚によじ上って、種があったのでそれを持って帰って庭に植えた事。
藤の花が綺麗だったから、庭にも咲いたらいいなと思っていたが、なかなか芽がでないから無理だったんだと思って忘れてしまっていた事を正直に伝えたところ、皆は笑ってくれました。

藤棚によじ登ったことも驚いていましたし褒めてくれた人もいました。

これからは種を蒔く時は断りをいれてから蒔くようにとだけ言われました。 


私が庭のある家を持ち梅の木を植える時は、母に断りを入れようと思います。


梅の香気が私の幼いころの記憶をよみがえらせました。


香りというのは急に何かをよみがえらせます。



記憶の糸を辿っていくという作業ではなく、それは突然に、遠い日の情景を思い出させるのです。


IMG_41262
スポンサーサイト

category: 日々の事

thread: 趣味と日記 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sobaetea.blog.fc2.com/tb.php/75-d0f7dff0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)