Sobae  中国茶教室

篆刻  

先日、私の書道の先生の計らいで篆刻教室に行ってきました。

篆刻の事を学びながら、篆刻を作りました。

篆刻も中国が起源。

秦時代に小篆という字体が作られました。

秦の時代というのは始皇帝の時代。

中国大陸ではそれぞれの文化を持った民族がいましたので字体も様々。

それを始皇帝が統一したのです。

それが小篆。

時代により、様々な字体へとなります。

亀の甲羅などに字を書いて占をしていた時代の字体は象形文字のようでなんだかおどけた可愛らしい字体、漢時代では役人が印を使っていたところから縦と横の線が強調された字体でかっちりしています。

字、一つ見ても時代の背景がよみとれる。


歴史の長い中国です。


篆刻を作ります。

IMG_41689

Sobae


芸能人の印や飲料水のデザインもされている講師の先生に即席でデザインしてもらいました。


ローマ字は厳密には篆刻と呼ばれてないそうです。


篆刻にオリジナルはない。


書道に通じます。


IMG_42679

彫ってます。


いつにない集中力。


ローマ字の小文字は難しいよ。

と講師の先生に言われましたが、挑戦。



日常に使っていこうと思います。




スポンサーサイト

category: 日々の事

thread: 趣味と日記 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sobaetea.blog.fc2.com/tb.php/79-e6dcfb7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)